はむはむ草子

初めての妊娠育児のんびり日誌

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろと経営に関係することを勉強中です。

気づいたらこんな時間に...

ひーちゃんが産まれたら最初の数ヶ月は慣れない育児で勉強どころじゃなくなりそうなので、今のうちに勉強したいのですが、学校にいかなくなってからもう半年近く...
脳みそがにぶったかしら?(笑)
回転速度だけじゃなくて回転の持続時間までもが確実に落ちているわっ!

最低限、年明けまでに簿記2級の勉強だけでも終われたらいいのになー。

今日はもう寝よーっと

スポンサーサイト
昨日数ヶ月ぶりに大学院時代からの親友とランチしてきました

業績と自分の能力と恋愛と、そして理想と現実のギャップ...考えなきゃいけないことがいっぱいで辛かった時期に、女性としてどう生きてくかってお話を頻繁にしてました
結局永遠に答えにはたどり着けないのですが、私達の業界の女性の生き方としては、業績を積むこと先にして結婚出産を後にするか、その逆をとるのか大きくはこのどちらかだろうなーって思ってます。
あ、もちろんどちらか1つにしぼるっていう手もありますが、私の周りはそういう方はごく少数でした。

ちなみに私は後者を選択したわけですが。

親友に「その選択に未練はある?」と聞かれて、「そりゃあるよ!」と即答してしまった私。(笑)
未練って言葉の印象が後ろ向きだけど、この場では私の中ではとっても前向きです。
だって、自分の理想の研究の世界に入るのって本当に大変だし、続けて行くのも本当に大変だもん!
ここまでくるのに高校生からずっと努力して、10年ずーっと紡いできた毎日。
旦那はこの人しかいない!と思える彼に巡り会って本当にいとおしく思うけれど、そう簡単に忘れられるほど私の10年の積み重ねは軽くない!
だから、いつか戻ってやるんだ!ってとっても前向きな未練です

逆に、前者を選択していたら?と想像すると、きっと主人とはほどなくして別れていたと思うし、研究も苦しさばかりに目がいって、それこそ後ろ向きな後悔をしていたと思うな〜
ましてひーちゃんと過ごす、こんな毎日は得られなかっただろうな〜

振り返ると、在学中に親友を始め同期女子と将来について話していたあの時間は妙齢な私達に重要な時間でした。
時代はどんどん変わり、自分もどんどん年を重ねていく訳で、ちゃんと頭を使って先を見据えていないと、将来望む選択肢をうっかり失ってしまう。どうすればそれを回避できるか。
その辺のシュミレーションは理系女子の集団ですから、すっごいシビアだったな、で、みんなでちょっと暗くなる。(笑)

経験を重ねてできるようになることももちろん増えてくるから、暗いことばかりじゃないんですけどね。
年をとっていくということは選択肢、可能性がなくなるって側面と限られた分野を極めていける側面を必ず持っている訳なので、20代のうちから自分が本当に欲しいものを欲張らずしっかり吟味して、必要に応じて選択肢を捨てて行く覚悟と作業が必要かなと思います。

女性手帳なるものをつくるとかつくらないとか議論になりましたが、生物学的な面からキャリア女性の生き方について考えさせるっていうより、もっと広い視野で、どう生きて行くか、年を取るとはどういうことなのかを、大学生くらいから認識できるようになればいいのでは?と個人的に思います。

偉そうに綴ってみましたが、自分がどう生きていくか、1年前とポジションが違う今、軌道修正と情報収集の必要性を感じた親友とのランチでした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。